Search

Recent Entries & Comments

Calendar & Archives

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Categories

Profile

紫翠

Author:紫翠
※出現率低下中!


歴オタでゲーオタな抹茶馬鹿。
twitterもやっていますので上のアイコンよりどうぞ。
雑食で地雷はありません。どんどん話しかけてくださいな。
画像は愛犬むう。

忙しい時期なので更新遅くなってます。

軍師官兵衛を応援し隊。

Counter

Links

Join & Favorite

*ランキング参加中!*
fc2ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

*応援中!*




トキノ学園 親就リレー企画

 

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清正巡礼!熊本城めぐり ③お城、商人、それと銀杏

2013.05.21 22:30|【熊本】清正巡礼
 お待たせいたしました、ついに城内に潜入です!
 前回はお城の入り口に佇んでいた門衛さんをいじめたところで終わりましたが、
 今回はちゃんとお城に入ります。

 中は資料館のようになっていました。
 何せ熊本城、広い! そこらのお城とは比べ物にならんフロアの広さ、そして資料の数です。
 でね、お城の中にも例のそれっぽい方々がいらっしゃったわけです。
 天守に繋がる階段の側に商人さんがいたんですが、この人がもうものすごく素敵。

「ささ、階段を上がられましたら天守台でございやす。この階は資料館となっていやす」
「階段は長いのでどうぞお気をつけくだせぇ (*`∀´)ノ」


 って、明るくて気さくに来場者に声をかける。
 で、側を通って会釈したら、

「姫様方、階段はちょっと長いのでお気をつけて!」
「あっし? あっしはただの商人にございやす」


 姫様とか!!(´艸`*)
 いい人だなあこの方! 他のお客さんにも大人気で、名前聞かれたりしてました。w

 ええっと、確か天守、というか下が見下ろせるところが2箇所ありまして。
 これはちょっと低い方のところですね。じゃん。

櫓を見下ろす

 付近の櫓ですね。
 私は高い所結構好きなので、天守閣やら、あと観覧車とかはなかなかテンション上がります。

 そして天守閣から!

街を見下ろす

 おおお高い!

街を望む

山を望む

 高い所は結構好きなので、なかなかテンションが上がります。

 人がゴミのようだ

 ほら、人がこんなにちっちゃい(´艸`*)
 市内なのでかなり都会です。遠くには山も見えるけどね。
 
 さてさて、天守閣の上からはこんなものも見えました。

銀杏が見える

 でっっっかい銀杏。
 これは清正が手植えした銀杏と呼ばれてます!
 今回はこの銀杏の話をちょっとだけ。

悠然と立つ銀杏の木

 お城のちょっと手前にずどんと植わっています。


きんいろ!

 シーズン真っ盛りでめちゃめちゃ綺麗でしたー!
 ものすごく大きいから視界が全部金色。後ろのお城とも良いバランス。
 このことから、熊本城は別名「銀杏城」とも呼ばれているそうな。いやだ素敵。

 さっきから清正の手植えと騒いでいますが、
 清正が亡くなる前、「この銀杏の木が天守閣と同じ高さになったときに、城に何か異変が起こる」と予言したそうなんです。
 異変とは何か。
 それは、明治10年に起こった西南戦争だったといわれています。
 西南戦争のとき、お城と一緒にこの銀杏も焼けてしまったそうです・・・(´;ω;`)
 でも、焼け残った根元からまた芽が出て、ここまで立派に成長したんだそう!

哀愁漂う。

「・・・恐らく、」
「何だ」
「この銀杏が、この城の天守に届くほど育ったとき・・・何か異変が起こる」
「・・・・・・」
「そのときまで居られたら、良かったんだがな・・・」
「・・・心配は無いだろう、貴様の造った城に住まう者のことだ。うまく守ってくれる」
「・・・そうだよな。ありがとう」

「・・・フン」

 はい、いつもの通り妄想入りましたよ。
 お気になさらず読み飛ばしてくださいね!

 ちなみに、天守閣から降りると、さっきの商人さんがいました。

「おお、姫様方! またお会い致しましたな!( ・∀・)ノシ 」

 覚えててくれた めっちゃ嬉しい!



 さて、お次は、熊本城といえばアレ!
 石垣について色々語っちゃいますよ~!!(ノ´∀`)ノ

スポンサーサイト

テーマ:城めぐり
ジャンル:旅行

天満宮をお散歩してきました

2013.05.12 19:06|【福岡】ふるさと散策
 たまにはちょっとポエムチックで、センチメンタルな記事を書いてもバチは当たらないよね。
 画像多いです。


 最近はどうにも忙しく、そしてやることなすこと全て大成功! というわけでもなく。
 不安で夜眠れなくなったり、休日になって突然13時間もの間爆睡したり。
 寒暖の差も激しく、体調も思うとおりにならず。
 今日は久しぶりに平穏な日曜日で、嬉しかったんですが、朝っぱらから休み明けが不安で不安で。

 もう いてもたってもいられなくなり、
 気がついたら太宰府天満宮へと足を運んでいました。

 何か、血ですかね。
 うちの母方の家系が代々神社を守ってたりしたのですが、その所為かもしれません。ものすごく神社と、あと鳥居が好きなんです。
 そんなわけで、まあ天神様に助けてもらおうと。
 夕方になり日も傾いているというのに、気がついたら参道に立っていました。

参道から歩いてきて。

 何にせよ夕方。あと小一時間でお店も閉まってしまうでしょう。
 すれ違う人々は、もう参拝を終えて帰り始めてます。ちょっとした人の流れを逆走して歩く私。ときどき雑貨屋さんや和風物のお店を覗きながら、同じくお散歩に来ている犬とかにちょっと手を振りながら行きます。

 鳥居を潜って、のんびりと横たわる牛の頭を撫で、本堂の方へ。
 いくつか橋を渡ります。

池には鯉と亀。
 
三つの橋には意味があるんです。

 天満宮の本殿まで、橋が連続して三つ架かっています。
 一つ目と三つ目は太鼓橋、二つ目だけは平らです。
 この橋、ちょっとした意味があって、一つ目は過去、二つ目は現在、三つ目は未来の意味があるんです。

夕日の木漏れ日。

どれもこれも重要文化財

参拝を終えて帰り始める人々。

 日曜日だからでしょう、外国人の方々とも多くすれ違います。
 手を清め、門を潜る。

隆景さんが建てた本殿。

 本殿です。天神様、菅原道真公が祀られています。
 毛利元就の三男、小早川隆景が建てました。
 溜息が出るような雄大さ。お賽銭を投げて手を打ち、合わせる。色んなことをお祈りする。二礼二拍手一礼。

 本殿の右側にあるのが有名な「飛梅」です。彼女のことについてはまた後ほど。

本堂手前の池と鯉。


麒麟さん。

 本殿ちょっと前に凛と佇む麒麟さん。彼のことはちょっと好きです。

夫婦樟。

 本殿を過ぎた所に生えている「夫婦樟(めおとくす)」。
 楠の木です。樹齢は1000年とも、1500年とも言われています。
 夫婦が寄り添って立っているように見えるのでこの名が付いたそう。
 すごく立派で、太くて、枝を目いっぱい広げて天を突いています。

包丁塚。奥には筆塚も

 「包丁塚」。使えなくなった包丁が奉納されます。
 この奥には「筆塚」もあります。同じく、古くなった筆を奉納します。

参道の賑やかさからは遠く。

何を見てるのかな。

 境内のあちらこちらに、小さな牛の像が置いてあります。
 この牛は山のほうをじっと穏やかに見つめていました。何を見ているんだろう。



 本堂にお参りした後、どうしても会いたい神様がいました。
 無数のお稲荷さんです。

たくさんの鳥居。


 ちょっと登ったところにあります。
 鳥居が幾つも幾つも連なっていて、すごく神秘的なところです。
 階段を幾つも上がって、その先に。

お稲荷さんのお堂。

 お稲荷さんが祀られているお堂。
 ここの左には、また少しだけ登るところがあります。

この向こうがお稲荷さんたちの場所。

お稲荷さんの祠。

 人気の無い祠、この中に、何百匹ものお稲荷さんがいるのです。
 ここ、ものすごく好きで。
 写真は撮っていませんが、この中で何百匹ものお稲荷さんの目が、こちらをじっと見つめてきます。
 白くて可愛いお稲荷さん。


 
 さて、一通り見終わって、本殿へ戻ります。
 少しだけ彼女の話をさせてください。

それほど、愛しい人だったんだね。

 『飛梅(とびうめ)』。
 菅原道真公が太宰府へ流されたとき、彼を追って京都から飛んできたそうです。
 道真公はこの梅を本当に愛していました。太宰府に流れる前、彼がこの梅に贈った歌が伝わっています。

「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」

 「春の東風が吹いたら、花を咲かせその匂いを届けておくれ、梅の花よ。主がいなくなっても、春を忘れるなよ。」という意味です。

 勢い余って「彼女」とか呼んでしまいましたが、きっと、飛梅も道真公のことが好きだったんじゃないかと。
 そんな想像をしては、ちょっと微笑んでみたり。


どうかお幸せに。

 帰りがけ、例の橋の傍の木で見た鳩。プロポーズに成功した様です。
 夫婦樟を思い出してほっこりしました。

かき氷なんて数年ぶりの気がする。

 最後に食べたおやつ。
 案の定、というか、お店はほとんど閉まっちゃってました。家族へのお土産(=梅が枝餅)もゲットして、帰路。




 日本人のDNAに組み込まれてるのかな、やっぱり神社は安心して、ほっとしました。
 初めて見るものでも懐かしく思ったり、知らないもののはずなのに愛しく思ったり、
 そんな感情から、もしかしたら前世とか、あるいは運命だとか、
 ありえるんじゃないかな、と思います。 


 これできっと、明日も大丈夫。
 天神様、ありがとう。お邪魔しました。

テーマ:神社・仏閣巡り
ジャンル:旅行

福岡城さくらまつり!

2013.03.23 21:53|【福岡】ふるさと散策
※おっそろしく画像多いです!!

 今、福岡の福岡城址で福岡城さくらまつりが行われています!
 今年は観測史上最も早かったそうです。そりゃそうだよねえ、この前「あ、咲いた」とか思ったら、瞬く間にもう満開だもん。
 毎週土曜日は街の方まで用事があって、福岡城はいつも通りかかるのですが、あまりに綺麗だったもので、
「これを逃したら次はもう全部散ってる!!<●><●>」と意気込んで、
 ぶらっとお散歩してきました!

 本当に通りかかっただけなので時間もなく、ゆっくりは見られませんでしたが、
 それでも美しいライトアップでした(ノ´∀`)ノ
 持ち合わせていたデジカメで写真ぱしゃぱしゃ撮りましたー。

 そんなわけで今日は写真特集! 福岡から春のお便りでございます(ノ*´ω`)ノ






 こちらはまず護国神社です。
 うわあすげえ咲いてるじゃん!! と立ち止まりました。
 鳥居に大興奮したのは言うまでもありません。

 さて、こっから福岡城址!







 ぎゃあああ、満開じゃん。
 無理して来て良かった! 来週にはきっと幾分か散ってるぜこれ!





 もう日は落ちてしまっているのであまり綺麗に撮れていませんが、石垣と桜のコントラストが素晴らしかったです。
 熊本城が「石垣と紅葉・銀杏」だったんで新鮮!

 しばらく進んでいるとこんなものが。



 うっわ、人多い。
 じゃなくて。
 分かりますかね? 若干濃いピンク色が見えるんです。



 右が普通の桜。左が濃いピンクの正体、枝垂桜(しだれざくら)です。
 お城の中の方にいっぱい咲いてます! こちらも満開です。







 春高楼のー、って、荒城の月を思い出します(人∀`*)



 更に進んでいくとこんなものが!



 これ、『二〇一四年大河ドラマ「軍師官兵衛」 みんなで盛り上げよう 福岡!』って書いてあるんですよー!!
 うおおおお盛り上がるー!
 思わずくしゃくしゃになってたノボリを綺麗に直してしまいました!
 


 応援してるからね、官兵衛殿!


DSCN5853.jpg

 桜は美しくライトアップされています。





 最後に、堀の側の桜並木を。





 夜桜ライトアップは、もうちょっと夜が更けてからが真骨頂でしょうなあ。
 10時ほどまでやっているそうなので、ご近所の方はぜひ(ノ´∀`)ノ
 来週、散っていなかったらもう少しちゃんと見たい!!

 城内はとても良い匂い。
 春だなあとしみじみ感じた、そんな一日でした。



 で、突然なのですが、
 明日から2日間中津城へ行って参ります!!
 熊本旅行記終わってないのに何をやっているんだお前は。

 むう(我が家のわんこ)も連れて行きます。
 こっちも官兵衛さん絡みです!


 旅行記、いつになるか分かりませんが書きます。


テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行

清正巡礼!熊本城めぐり ②それっぽい人々があちらこちらに

2013.03.21 21:10|【熊本】清正巡礼
 というわけで熊本旅行記の第2回目です!
 といっても、城の中に入る一歩手前で終わっています。鈍足ですみませぬ・・・
 今回は写真多め・・・かな?

ずどどん!

 熊本城ですよー。
 あーもー雄大でかっこいい(人∀`*)
 穏やかな秋晴れでございます。

 色んな所に看板が立ってます。

これは登れない。

 熊本城名物の石垣。めちゃくちゃ反り返ってます。
 幼少期崖をよじ登りまくって遊んだことで有名な私でもさすがに登れません。
 これで敵軍の進入を抑えるとともに、この上から岩を転がして落として敵軍を蹴散らかすという無情な攻撃がされました。
 さすが清正えげつない。←違

 ここからぐるりと回って、お城の正面へ回ります。
 歩いている途中にも色んな秋の草が生えてて楽しい!
 ぶらぶらとのんびり歩いていると。

金色が見える!

 突如向こう側に眩しい金色が!!
 わ、銀杏だ! でっかい銀杏の木がある!!
 これが見えたときには思わず歓声を上げてしまいました。すごく綺麗!
 あれが噂の『清正手植えの銀杏の木』だろうか・・・!!。゚+.(゚∀゚)゚+.゚
 向こう側に辿り着くときが楽しみです。

 さて、上の画像から右に曲がると、当時使われていた道を再現した薄暗い道へ。夜とかは本当に真っ暗なんだろうなあ、とか思いながら進んでいると、何と忍者がいました。
 イケメンな忍のお兄さんがにこやかに案内してくれてるー!!
 サービスの一環ですか!? スタッフはみんなコスプレしてるんでしょうか!?
 中々粋な演出ですね。(((
 暗くて写真は取れませんでした( ノД`) 残念。

Σ(`・ω・´ )!!

 あ、これは忍のお兄さんじゃないですよ!!
 こんな方々があちらこちらに立って案内してくれてるんです。
 でも、城内にちらほらと外国からいらっしゃった観光客の方もいて、その方々にも案内をされているんですが、
 あまりに流暢な英語を喋っていたので吹きました。
 なんというwwwミスマッチwww
 和服を着た侍のじいちゃんが「Up stairs.」とか言うんですよ!?
 びっくりして二度見したわ。
 ぜひ政宗様にもそれくらい親切で美しい英語を喋っていただきたい。
 
 侍じいちゃんに言われるまま階段を上り、真っ先に目に飛び込んできたのは!

おおおおおおおおお!

 うおおおおおおおおおおお!!。゚+.(゚Д゚///゚+.゚
 何だこれ! すっげぇテンション上がる!! 
 正面から見る熊本城と、銀杏の大樹、そして青空!
 もうこれには夢中でシャッター切りまくりました!
 いやあ、生きてて良かった(*´Д`)
 すごく感動しました。

 ちょっと妄想入るけどさ、←入れるな
 ここで三馬鹿が並んで熊本城眺めてさ、

「清正ぁ・・・! テメー立派な城造りやがってよう・・・!」
「ああ、俺も満足してる」
「フン・・・建築馬鹿め」
「3人でこの城をこうやって眺められる日を、ずっと待ってた。・・・今度は俺が守る、秀吉様から授かったこの地を・・・な」
「さすがだぜ清正!」
「全く、・・・お前らしいな・・・・・・」

 みたいなさあ!((違
 そんな幸せな未来になれたらいいのになあ・・・・・・_:(´ཀ`」 ∠):_

 銀杏については、この次ぐらいに書きます(ノ´∀`)ノ


加藤家と細川家。


 入り口です。
 実はここのちょっと手前に、鎧を着た門衛さんが立ってたんで声をかけてみたんですが、

私「どっ、どちら様ですか?。゚+.( ゚∀゚)゚+.゚」 ←いじめてるよな、これ
門衛さん「あ、えと、自分は、えーと、・・・ただの門衛です(´・ω・`)


 めっさ可愛かった。(((おい

 垂れ幕にある家紋は、左から細川氏加藤氏。清正のは右ですね。
 次回は内部に入っていきますー!


テーマ:城めぐり
ジャンル:旅行

清正巡礼!熊本城めぐり ①思い立ったが吉日!

2013.03.07 22:41|【熊本】清正巡礼
 去年の、えーと、そうだ、秋の終わり頃!←
 清正さんに会いに、熊本城へ行ってきましたー!(ノ´∀`)ノ

 BASARAばっかり騒いでいますが、カテゴリの記事こそ少ないですが、
 私、無双ほんとに好きです。
 特に清正、超好き。
 熊本城に行きたくて行きたくて、良い日はないかと見計らっていたのですが、
 お天気予報は見事に晴れだったので行ってきました。
 車で!

 「思い立ったが吉日」っていうしね!
 よく言えば行動的、悪く言えば無計画全開です。


清正あああああ!!

 駐車場からすでにもう立派な天守閣が見えます。
 うおおおお清正!! 私はお前に!! 会いに来たぞおお!!(ノ´∀`)ノ
 まだ朝の8時9時です。


綺麗な堀だよなあ。

 せっかく来た熊本ですが、例によって日帰りです。まあもともとその予定で来たんだけどね!
 色々見て回りたいところもありますが、まずはメインのお城を堪能します。
 お散歩感覚で、ゆっくりのんびり歩く。


ばーんばーん

 熊本城といえば、清正の建築技術の最高峰です。
 これは途中途中にある一本道なんですが、いやに曲がりくねっています。これは一気に攻められないため。
 んで、奥の壁の上の方に、穴が開いているのが見えますか?
 あそこに幾らか兵を仕込んでおいて、穴からばーんばーんと鉄砲を撃って相手を蜂の巣にしてやるわけです。
 さすが心配性の建築オタク。

 しばらく歩き、いよいよ本丸のある方へ向かいます。
 チケット売り場があったり、軍旗がいっぱい上げられてたりとテンション上がります。
 わくわく!
 旗を眺めていました。
 あー、清正の家紋があるなあ、とか思いながら。
 そしたら!!

Σ(゚Д゚;)!?

 !?
 ・・・ああ! 細川さんの家紋か!
 あー、びっくりした。
 何でここにポンデ・小十郎がいるのかとびっくりしました。
 まさか熊本にいるわけないよねぇ(ノ´∀`)ノ

 安心して歩いて、チケットを買おうとしたそのとき。

・・・・・・Σ(゚Д゚;)!!?

 !!?
 ・・・・・・お分かりいただけただろうか・・・。

 ええと、要約すると、門から突如爽やかな笑顔を振りまきながら数人の武将と姫御前がいらっしゃったんです。
 そして、一発で分かる。
 写真中央右のちょっと長い兜の方、あれ清正公だ。
 あまりに突然すぎて、カメラ取り出すの遅くなっちゃったんです・・・だから後姿。
 そうか、これが噂の『おもてなし武将隊』ってやつか・・・!!
 後で探しにいこう!! と意気込みました。


首掛石。

 本丸に入る前に。『五郎の首掛石』というものです。
 名前にもある横手五郎さん。父親(勇将 木山弾正)を清正との一騎打ちで無くし、清正を父の仇として、築城人夫として働きつつもいつか父の恨みを晴らそうとしていたらしいです。
 ところがその間にその魂胆を見破られ、井戸掘りをしているときに生き埋めにされてしまったそう。
 その五郎さんが、築城当時に首にかけて運んだものと言い伝えられる石です。
 ちなみに1800キロです。
 無理だろ!!
 


 次はいよいよ城内に入ります。
 今行くぞ清正あああああああああああああ!!(((もう良い

テーマ:城めぐり
ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。