Search

Recent Entries & Comments

Calendar & Archives

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Categories

Profile

紫翠

Author:紫翠
※出現率低下中!


歴オタでゲーオタな抹茶馬鹿。
twitterもやっていますので上のアイコンよりどうぞ。
雑食で地雷はありません。どんどん話しかけてくださいな。
画像は愛犬むう。

忙しい時期なので更新遅くなってます。

軍師官兵衛を応援し隊。

Counter

Links

Join & Favorite

*ランキング参加中!*
fc2ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

*応援中!*




トキノ学園 親就リレー企画

 

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天満宮をお散歩してきました

2013.05.12 19:06|【福岡】ふるさと散策
 たまにはちょっとポエムチックで、センチメンタルな記事を書いてもバチは当たらないよね。
 画像多いです。


 最近はどうにも忙しく、そしてやることなすこと全て大成功! というわけでもなく。
 不安で夜眠れなくなったり、休日になって突然13時間もの間爆睡したり。
 寒暖の差も激しく、体調も思うとおりにならず。
 今日は久しぶりに平穏な日曜日で、嬉しかったんですが、朝っぱらから休み明けが不安で不安で。

 もう いてもたってもいられなくなり、
 気がついたら太宰府天満宮へと足を運んでいました。

 何か、血ですかね。
 うちの母方の家系が代々神社を守ってたりしたのですが、その所為かもしれません。ものすごく神社と、あと鳥居が好きなんです。
 そんなわけで、まあ天神様に助けてもらおうと。
 夕方になり日も傾いているというのに、気がついたら参道に立っていました。

参道から歩いてきて。

 何にせよ夕方。あと小一時間でお店も閉まってしまうでしょう。
 すれ違う人々は、もう参拝を終えて帰り始めてます。ちょっとした人の流れを逆走して歩く私。ときどき雑貨屋さんや和風物のお店を覗きながら、同じくお散歩に来ている犬とかにちょっと手を振りながら行きます。

 鳥居を潜って、のんびりと横たわる牛の頭を撫で、本堂の方へ。
 いくつか橋を渡ります。

池には鯉と亀。
 
三つの橋には意味があるんです。

 天満宮の本殿まで、橋が連続して三つ架かっています。
 一つ目と三つ目は太鼓橋、二つ目だけは平らです。
 この橋、ちょっとした意味があって、一つ目は過去、二つ目は現在、三つ目は未来の意味があるんです。

夕日の木漏れ日。

どれもこれも重要文化財

参拝を終えて帰り始める人々。

 日曜日だからでしょう、外国人の方々とも多くすれ違います。
 手を清め、門を潜る。

隆景さんが建てた本殿。

 本殿です。天神様、菅原道真公が祀られています。
 毛利元就の三男、小早川隆景が建てました。
 溜息が出るような雄大さ。お賽銭を投げて手を打ち、合わせる。色んなことをお祈りする。二礼二拍手一礼。

 本殿の右側にあるのが有名な「飛梅」です。彼女のことについてはまた後ほど。

本堂手前の池と鯉。


麒麟さん。

 本殿ちょっと前に凛と佇む麒麟さん。彼のことはちょっと好きです。

夫婦樟。

 本殿を過ぎた所に生えている「夫婦樟(めおとくす)」。
 楠の木です。樹齢は1000年とも、1500年とも言われています。
 夫婦が寄り添って立っているように見えるのでこの名が付いたそう。
 すごく立派で、太くて、枝を目いっぱい広げて天を突いています。

包丁塚。奥には筆塚も

 「包丁塚」。使えなくなった包丁が奉納されます。
 この奥には「筆塚」もあります。同じく、古くなった筆を奉納します。

参道の賑やかさからは遠く。

何を見てるのかな。

 境内のあちらこちらに、小さな牛の像が置いてあります。
 この牛は山のほうをじっと穏やかに見つめていました。何を見ているんだろう。



 本堂にお参りした後、どうしても会いたい神様がいました。
 無数のお稲荷さんです。

たくさんの鳥居。


 ちょっと登ったところにあります。
 鳥居が幾つも幾つも連なっていて、すごく神秘的なところです。
 階段を幾つも上がって、その先に。

お稲荷さんのお堂。

 お稲荷さんが祀られているお堂。
 ここの左には、また少しだけ登るところがあります。

この向こうがお稲荷さんたちの場所。

お稲荷さんの祠。

 人気の無い祠、この中に、何百匹ものお稲荷さんがいるのです。
 ここ、ものすごく好きで。
 写真は撮っていませんが、この中で何百匹ものお稲荷さんの目が、こちらをじっと見つめてきます。
 白くて可愛いお稲荷さん。


 
 さて、一通り見終わって、本殿へ戻ります。
 少しだけ彼女の話をさせてください。

それほど、愛しい人だったんだね。

 『飛梅(とびうめ)』。
 菅原道真公が太宰府へ流されたとき、彼を追って京都から飛んできたそうです。
 道真公はこの梅を本当に愛していました。太宰府に流れる前、彼がこの梅に贈った歌が伝わっています。

「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」

 「春の東風が吹いたら、花を咲かせその匂いを届けておくれ、梅の花よ。主がいなくなっても、春を忘れるなよ。」という意味です。

 勢い余って「彼女」とか呼んでしまいましたが、きっと、飛梅も道真公のことが好きだったんじゃないかと。
 そんな想像をしては、ちょっと微笑んでみたり。


どうかお幸せに。

 帰りがけ、例の橋の傍の木で見た鳩。プロポーズに成功した様です。
 夫婦樟を思い出してほっこりしました。

かき氷なんて数年ぶりの気がする。

 最後に食べたおやつ。
 案の定、というか、お店はほとんど閉まっちゃってました。家族へのお土産(=梅が枝餅)もゲットして、帰路。




 日本人のDNAに組み込まれてるのかな、やっぱり神社は安心して、ほっとしました。
 初めて見るものでも懐かしく思ったり、知らないもののはずなのに愛しく思ったり、
 そんな感情から、もしかしたら前世とか、あるいは運命だとか、
 ありえるんじゃないかな、と思います。 


 これできっと、明日も大丈夫。
 天神様、ありがとう。お邪魔しました。

スポンサーサイト

テーマ:神社・仏閣巡り
ジャンル:旅行

福岡城さくらまつり!

2013.03.23 21:53|【福岡】ふるさと散策
※おっそろしく画像多いです!!

 今、福岡の福岡城址で福岡城さくらまつりが行われています!
 今年は観測史上最も早かったそうです。そりゃそうだよねえ、この前「あ、咲いた」とか思ったら、瞬く間にもう満開だもん。
 毎週土曜日は街の方まで用事があって、福岡城はいつも通りかかるのですが、あまりに綺麗だったもので、
「これを逃したら次はもう全部散ってる!!<●><●>」と意気込んで、
 ぶらっとお散歩してきました!

 本当に通りかかっただけなので時間もなく、ゆっくりは見られませんでしたが、
 それでも美しいライトアップでした(ノ´∀`)ノ
 持ち合わせていたデジカメで写真ぱしゃぱしゃ撮りましたー。

 そんなわけで今日は写真特集! 福岡から春のお便りでございます(ノ*´ω`)ノ






 こちらはまず護国神社です。
 うわあすげえ咲いてるじゃん!! と立ち止まりました。
 鳥居に大興奮したのは言うまでもありません。

 さて、こっから福岡城址!







 ぎゃあああ、満開じゃん。
 無理して来て良かった! 来週にはきっと幾分か散ってるぜこれ!





 もう日は落ちてしまっているのであまり綺麗に撮れていませんが、石垣と桜のコントラストが素晴らしかったです。
 熊本城が「石垣と紅葉・銀杏」だったんで新鮮!

 しばらく進んでいるとこんなものが。



 うっわ、人多い。
 じゃなくて。
 分かりますかね? 若干濃いピンク色が見えるんです。



 右が普通の桜。左が濃いピンクの正体、枝垂桜(しだれざくら)です。
 お城の中の方にいっぱい咲いてます! こちらも満開です。







 春高楼のー、って、荒城の月を思い出します(人∀`*)



 更に進んでいくとこんなものが!



 これ、『二〇一四年大河ドラマ「軍師官兵衛」 みんなで盛り上げよう 福岡!』って書いてあるんですよー!!
 うおおおお盛り上がるー!
 思わずくしゃくしゃになってたノボリを綺麗に直してしまいました!
 


 応援してるからね、官兵衛殿!


DSCN5853.jpg

 桜は美しくライトアップされています。





 最後に、堀の側の桜並木を。





 夜桜ライトアップは、もうちょっと夜が更けてからが真骨頂でしょうなあ。
 10時ほどまでやっているそうなので、ご近所の方はぜひ(ノ´∀`)ノ
 来週、散っていなかったらもう少しちゃんと見たい!!

 城内はとても良い匂い。
 春だなあとしみじみ感じた、そんな一日でした。



 で、突然なのですが、
 明日から2日間中津城へ行って参ります!!
 熊本旅行記終わってないのに何をやっているんだお前は。

 むう(我が家のわんこ)も連れて行きます。
 こっちも官兵衛さん絡みです!


 旅行記、いつになるか分かりませんが書きます。


テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行

おいさぁ おいさぁ!!

2012.07.15 20:59|【福岡】ふるさと散策
 博多祇園山笠、本番を見ました。
 ええ生放送を見ましたとも。4時起きでね!!

 感想をぱしっと言ってしまうと、例年に比べて何だかスピード感がなかったなぁ、と。
 回り止めまで行っても30分代を切ったのは1つしかありませんでした。

 走った山笠は7つ。

① 千代流れ『天翔覇王夢』
     (ちよながれ『あまかけるはおうのゆめ』)


 まさかの信長様でした。魔王がどんと仁王立ちしてます。
 まあまあ格好良かったんじゃないでしょうか。

② 恵比須流『琴瑟相和調』
     (えびすながれ『きんしつあいわしてととのう』)

③ 土居流『清正公武勲』
     (どいながれ『せいしょうこうのぶくん)

 清正ああああああ!!
 多分ビジュアル的にはこれが一番格好良かったです。傍らに虎が!! 清正さん「ここが地獄だ!」って叫びだしそうです。

④ 大黒流『余香馥郁大楠恩』
     (だいこくながれ『よこうふくいくたりだいなんのおん』)

 武士じゃないけれど。これも大分男前だった。

⑤ 東流『意凛々而傾剛直』
     (ひがしながれ『いはりんりんとしてごうちょくにかぶく』)

 慶次です。妹の言葉は嘘ではなかった。
 ただなあ、慶次が薔薇を持っているんだよなあ。
 ・・・・・・なんか違和感なくねえ?
 ・・・まあ、良いや。格好良かったし。うん。でも薔薇かあ・・・・・・


⑥ 中州流『仙台守護独眼竜』
     (なかすながれ『せんだいのしゅごどくがんりゅう』)

キタ――――――――――――――――――!!
 さすが伊達祭り!!(((違います
 でも飾り山の方がカッコいい感じがしました。
 着ているのでは鎧ではなく、晴れ着っぽい私服みたいな服。兜は手で抱えてましたが。 
 首についているヒラヒラが猛烈に気になりました。
 あと眼帯下すぎるだろ。


⑦ 西流『剛力一投破漆黒』
     (にしながれ『ごうりきいっとうしっこくをやぶる』)

 これに一番笑ってしまいました。
 だって手の上の岩が・・・! 事あるごとに揺れる・・・・・・!!



 最後に里見八犬伝の飾り山が走って、今年はおしまい。
 もうちょっと疾走感のあるものが良かったけれど・・・・・・。
 知ってる武将がいっぱい出たので許します(´∀`*)
 走り出す前の緊張感溢れる横顔にマジで惚れます。
 一度は生で見たいなあ。


  

山笠2012!!

2012.07.14 22:37|【福岡】ふるさと散策
 突然ですが、皆さんは博多祇園山笠というお祭りを知っていますか?
 我が福岡が全国に誇るお祭りです(^∀^*)
 簡単に言うと『山笠』という巨大で豪華なおみこしをうわあああっ!!と引いていくというもー大騒ぎの行事なのですが、それが明日あるわけです。

 某新聞でご覧になった方もいらっしゃると思うのですが、
 今年の山笠の目玉は伊達政宗なのですよ。

 プロの人形師さんが政宗の人形を作って、展示用の『飾り山』としておいてくださっているわけですよ!!
 と、いうわけでさっそく見に行ってきました。

 一応地元なのでカテゴリの『巡礼』とはまた違った気もしますがこまけぇこたぁいいんだよ!!

 以下、レポートです。

     *


① 天下決戦壇ノ浦
     (てんかけっせんだんのうら)

決戦っ!
 平氏と源氏の真骨頂、壇ノ浦の戦いです。
 画像が小さくてちょっと分かりづらいですが、こんな感じで豪華な飾り山がどーんと店内においてあります。すごい人です。
アップ。
 アップにしてみました。ものすっごい綺麗です。史実がこんなに美しくあれば良いのにと思います。

 飾り山にはそれぞれ状況の説明などの書かれた看板が置いてあり、非常に勉強になります。



② 剣客相撃巌流島
     (けんきゃくあいうつがんりゅうじま)

いざ決闘。

 壇ノ浦の裏にありました。ご存知、宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘です。撮る位置が微妙で若干斜めになってしまいました。すみません。
 かっこいいとは思いますがどう考えても武蔵の二時間という遅刻は非常識すぎます。

あんなに遅れたら不戦敗だと思うのだが。

小次郎「待ち疲れたわ武蔵ィィィイイイ!!」
武蔵「問答無用じゃ小次郎ォオオオオ!!」


 みたいな台詞を想像します。

 あとは下のほうに審判みたいな人が居てちょっと面白かったです。

 さあ、次はいよいよ真打!!
 と、その前に。



③ 奥州之覇者政宗
     (おうしゅうのはしゃまさむね)

梵天丸・・・なのか?

 飾り山ではないですが。
 先日大人の男の人ではなく、子供たちがこれを引いて走っていました。
 政宗の兜もバッチリあります。

 それでは、お待たせいたしました。



④ 不動隻眼立奥州
     ふどうのせきがんおうしゅうにたつ

筆頭ぉおおおおおおおお!!

 政宗さまああああああああああああああああああ!!
 叫ぶまいと思ってはいましたが、無理でした。
 とりあえず政宗さまあああああああああああああああああああああ!!

前立てがピカピカしてる

 政宗だけアップにしてみました。こんな感じです。
 光の反射を受けてえらい前立てがピッカピカです。
 腕組みして喝を入れてます。カッコいい!

かっこいいっ

 いいねえ。

輝宗さぁんっ

 飾り山のテーマは畠山軍に鉄砲隊で攻め入って父親もろとも全滅させてしまうシーンです。上の画像で縛られてる人が政宗のお父さん、輝宗さん。
 政宗はこのとき十九歳。
 ちなみに片倉小十郎景綱さんはいませんでした。おうふ。


 東日本大震災復興を願って、東北の武将である政宗が選ばれたそうです。
 いやあ素晴らしかった!


 山笠は明日(7/15)が本番です。なんと4時50分ごろから始まります。
 早起きして見ます。
 妹によると政宗のほかに慶次とかいるらしい! mjk!

 興味のある方は是非!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。